投稿者「shiroi mokuren」のアーカイブ

ラズベリー色のタックバッグ

とてもきれいなラズベリー色が印象的な帆布のタックバッグです。

表地のラズベリー色の11号帆布は、ワンウォッシュ加工がされた、とても雰囲気のある一枚。帆布ならではの丈夫さと、くったりとした柔らかさを兼ね備えた生地で、持った時にも体にやさしく馴染みます。

口まわりは持ち手と同じ、牛革(本革)で切り替えました。一枚のレザーから切り出してありますので、上質感があり、丈夫で長くお持ちいただけます。
適度な柔らかさのあるレザーで、お持ちいただきやすくなっています。

裏地は、グレイッシュブラウンのコットン。小さなドットが並んだ生地で、控えめながらも、可愛らしい表情です。

レザーと帆布の切り替え部分には、ぐるりとリネンのレースをあしらってアクセントに…。

それほど大きく見えませんが、タックが入ったデザインでマチもありますので、思いのほか、たくさん入ります。

シンプルながらも、タックの入った貝殻のような形がかわいらしく、布自体の持つ表情や魅力をお楽しみいただけるバッグです。

 

◆size (平置で採寸) ◆
横(口回り) 約38cm
縦 約28.5cm
マチ 約10cm
持ち手 約40.5cm

*バッグ内側中央にマグネットボタンつき。
*バッグ表裏とも同デザインです。

 

 

 

アンティークレースのパッチワークトートバッグ

 

 

さまざまなエクリュ色のアンティークレースをあしらったトートバッグです。

表地のコットンは、ぬくもりの感じられる落ち着いたブラウンがシックな雰囲気の丈夫な生地。それに、3種類のアンティークレース生地と2種類のアンティークレースをあしらい、小さな琥珀色のビーズをちくちくと縫い付けました。

内布にはしっかりとした綿帆布を。バッグだけで自立する、しっかりとした作りになっています。

持ち手はダークブラウンの本革。一枚の革から切り出し、2枚重ねてしっかりと縫い合わせました。しっとりとした質感が手に馴染みよく、お持ちいただきやすくなっています。

持ち手の右側には、リネンのレースとウッドビーズをつけてアクセントに。(取り外すこともできます。)

たっぷり入りますので、普段荷物が多めの方にもおすすめです。アンティークレースならではの存在感をおたのしみいただける、クラシカルな雰囲気のトートバッグです。

 

◆size (平置で採寸) ◆

横(口回り) 約46.5cm
高さ(サイド) 約30cm
マチ 約12cm
持ち手 約 33.5cm

*バッグ内側中央に、アンティークゴールドのマグネットボタン付き。
*内側に、ポケット2つ付き。

 

一年の終わりに

早いもので、今年も残りわずかとなりました。
今年も一年間、見てくださって、ほんとうにありがとうございました。

2021年はいろいろのことがあった年でした。
健康上の理由により、家族が小麦と牛乳を摂取できなくなり、小麦粉でのパン作りをやめて、米粉でのパン作りを始めました。
お米中心の食生活の中に、時々、フォーやビーフン、蕎麦粉100%のお蕎麦、米粉や蕎麦粉のパスタ、米粉のお好み焼き、米粉のパンなどを作るように。最初は大変に感じることもありましたが、慣れてくると、米粉は小麦粉よりも扱いやすく、胃腸にやさしく、身体にはこちらの方がいいのかもしれない・・と思うこのごろです。

本格的に畝立てして、野菜を育て始めたのも今年。
土に触れ、小さな生き物たちの営みを目にし、植物たちの一年のサイクルを感じながら過ごすようになり、生きるということの、生かされているということの、根源に立ち戻らせてもらっているように感じます。
遭遇することのほとんどがこれまで知らなかったことばかりで、調べたり、本を読んだり、教えてもらったり・・。この土地が、そしてここに生きるものたちが、心地よくあれるような庭、畑となるようにと願いつつ、時間をかけて育てていけたらと思っています。

そして、縫い物。ミシンと布のある作業部屋で、静かに針仕事をしたり、ミシンで生活に必要なものや、かばんを始めとする小物を作ったりすることは至福の時間で、こうしてやらせてもらえていることに感謝の気持ちでいっぱいになります。
今年はひょんなことから、ロックミシンがうちにやってくることになり、それなら、と服作りも始めました。
自分で作る服は、好きな生地、デザイン、サイズに作れるので、とても着心地よく、想像以上に楽しい・・。これからも続けていきたいなと思っています。

これまでかばん屋としてやってきましたが、10年経ち、かばんだけでなく、いろいろなものを作っていきたいと思うようになり、これからの展開を模索中です。
今年はなかなか更新できませんでしたが、見てくださって、そして応援してくださって、ほんとうにありがとうございました。いただくメッセージが、何よりも、制作の励みとなっています。

これからも、生活に必要なもの、大切に使いたいと思えるようなもの、そばにあると心がほっこりするもの・・を、丁寧に作っていけたらと思っています。
2022年も、どうぞよろしくお願いいたします。

みなさま、どうかよいお年をお迎えください。
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

新作のお知らせ

よいお天気の気持ちのいい日が続いていましたが、今日は久しぶりの雨。
しとしと降る雨の音を聴きながら、一日中部屋で制作。
いくつか並行して作っていたかばんが仕上がりました。

内布に、バラ柄のジャガード生地を用いたバッグや・・

ぬくもりある日本製の上質なヘリンボーンウール生地で作ったバッグ、
それに、とてもかわいいミニバッグもご用意しています。

おひさまの出ている日に撮影して、準備し、今月中にはonline shopでご紹介できるかな・・と思っています。
よろしければ、ぜひご覧ください。

どうぞよろしくお願いいたします*