windmill

風車のような刺繍模様の入ったコットン生地と、素朴な麻の雰囲気が素敵な生地を用いて、かばんを制作中です。

刺繍生地は、手刺繍のようなぬくもりのある、日本製の質のよい生地で、心地よい肌触りと品のよい雰囲気が魅力的な生地。
あまりの繊細な表情に、じっと見入ってしまいます…。

麻の生地は、まさに “日本の夏” を思わせるような、どこか懐かしい雰囲気の漂う一枚。

こちらは、フリルにしてあしらいます♪
どちらも透け感のある軽やかな生地なので、素材の風合いと質感を生かして制作できればと思っています。

 
 
 

***

 

先週は、京都のとある町家へ。

風の通りがよく、室内への光の入り方がやわらかく…。

 

町中にあるのに、坪庭を中心として建てられているということもあって、町の中だということを忘れるような静けさが。

風、光、緑、そして建物を構成する木…。

ぬくもりを感じる空間での、心地よいひととき。

 

 

 

夏はじめ

立夏を過ぎ、急に夏めいて。

 

息を呑む美しさの、藤の花。
家の近くの、毎年見ている藤棚ですが、こんなにもきれいに咲いているのを見るのは初めてで…。

 

 

***

お休み中は、家の片付けなども。
すっきりとした気分です。

また制作中のもののご紹介もしていきますね。

 

 

 

空へ

空に向かって伸びるもの。

この子たちに倣って、手足をうーーーんと伸ばすのが気持ちのよい季節になりました。

 

::::::::::::::::::::

 

わたしたち夫婦が長年お世話になっている先生のかばん。

かばんのかぶせ(蓋)が、歩くたびにぱたぱたとなるので、そうならないようにしてほしいとご依頼があり、留め金具を。

すでに完成しているかばんに取り付けるということもあり、ひねり金具にしました。

歩くたびにぱたぱたなるのが気になって、購入したきりずっと眠っていたかばんだったとのこと。
お使いいただけるようになってわたしもとても嬉しい…!

お手伝いさせていただき、ありがとうございました。

 

 

 

花の雨

4月に入って、早くも一週間が経ち、
桜は満開。

精気にみちみちて。

 

雨に煙る東山。

 

2017年春、雨のなか見た桜を、
一生忘れないと思う。