夏たけなわ

梅雨があけて、日差しもいよいよ夏らしく…
これからが、夏本番。

暑いけれど、夏はたくさん動いて、いっぱい汗をかいて…という過ごし方が心地よく、またそのほうが、秋からもからだが楽に、そして健やかでいられる感じがします。

 
 

***
 

最近作ったもの。

革のはぎれで作った小さながま口。
丈夫な麻糸でステッチを入れて。

ちくちくちくちく…と、ぜんぶ手縫いで仕上げました。

 
 

そして…現在、制作中のもの。
古い時代のフィードサックなど、いろいろの布でパッチワーク。

こちらは、夏にぴったりの涼しげなバッグに。

 
 
 

リトアニアリネンのトートバッグ (windmill)

質のよいリトアニアリネンに、風車のような刺繍模様の入った生地をあしらったトートバッグです。

バッグ表地のリトアニアリネンは、ぽこぽことしたリネンならではの節に温かみを感じる、素朴さが魅力的な一枚。深みのある色合いが味わい深く、使えば使うほど愛着の湧く生地です。

それに、透け感の美しい、日本製の刺繍コットン生地をあしらいました。手刺繍かと思うような、質のよい、可愛らしい雰囲気の刺繍で、滑らかさと品のよいつややかさがあります。この生地の存在感を生かすため、あえてシンプルなデザインに…。

さらに、夏らしいリネンをフリルにしてあしらい、リネンレースと小さなパールビーズをちくちくと縫い付けました。

内布には綿帆布を。全体的にしっかりとした丈夫なかばんに仕上がっています。バッグ本体は中央のマグネットボタンで開閉できます。

持ち手は、ライトブラウンの本革。きめ細かで透明感のある子山羊革を用い、中に丸芯を挟んで仕上げました。うっとりするほどの滑らかさとしなやかさのある革で、手や肩にしっくり、やさしく馴染みます。

上質なリトアニアリネンと刺繍生地、それにライトブラウンの本革の醸し出す、ナチュラルで落ちついた可愛らしさをお楽しみいただけるトートバッグです。

 

こちらの生地を用いています

 

内ポケットにもリネンのレースを…

本革の持ち手

 

◆size (平置で採寸) ◆
w 約45cm × h (サイド) 約31cm× マチ 約10.5cm
持ち手 約42cm

 

 

 

リネンのパッチワークバッグ(kinari)

風合いのよいリネンにあしらった、生成り色のいろいろの布が印象的なショルダーバッグです。

表地は、くったりとした風合いが魅力的なリネン。それに、刺繍模様の入ったリネンや、ドットの天日干しリネン、織り模様の入ったリネンなど、存在感のある質のよい生地をパッチワークしてあしらいました。
さらに、ちくちくと刺繍ステッチを入れ、小さなビーズとアンティークレースを一つひとつ縫い付けています。
それぞれの布やビーズ、アンティークレースの醸し出す雰囲気があいまって、とても楽しげなバッグに…♪

持ち手には、2種類の生地を用いました。一つはストライプの模様の入ったコットンリネン、もう一つは滑らかなリネンです。
中に丸芯を入れて仕上げていますので、肩や手にやさしく馴染みます。

長くお使いいただけるように、内布には11号帆布を用い、しっかりとした丈夫なかばんに仕上げています。

縦にA4サイズが収まり、またマチもあるので、日常づかいにお使いいただきやすいサイズ。
リネンの風合いと、生成り色の布たちの醸し出す雰囲気をお楽しみいただけるショルダーバッグです。

 

シェルボタンとアンティークレース。バッグ口回りにはリネンのレースを。

カットの入ったビーズやミルク色のビーズ…

中に物を入れて撮影した画像です

 

◆size (平置で採寸) ◆
w(最大) 約 34cm × h (サイド) 約 37cm× マチ 約 5.5cm
持ち手 約45cm

 
 
 

山滴る

梅雨の気配を感じさせる空模様の京都。
紫陽花が咲き、蛍の飛び交う季節になりました。

 

***

先日ご紹介した、kinari シリーズ。
なんだか楽しげなかばんに仕上がりました♪

持ち手右側には、お花のようにも四つ葉のようにも見えるシェルモチーフと、ぽこぽこ編まれたアンティークレースを。
繊細な貝の表情を、画像でお伝えするのがなかなか難しいのですが…品よくきらりと輝きます。

来週には、windmill のバッグとあわせて、online shop に並べられるかな…と思っています。
どうぞよろしくお願いします…*

 

 

 

日々の夢

先週は、十数年ぶりに叡電に乗りました。
懐かしい雰囲気いっぱいの車両。

一両編成でのんびりと。
同じ京都だけど、なんだか旅気分に。

深い緑に包まれて、心地よい一日でした。

 
 
***

制作日記。
久しぶりの、kinariシリーズ。

ちくちくちくちく…

日々の、いろいろの夢を乗せて。