日々のこと」カテゴリーアーカイブ

春の色、夏の色

平城宮跡の桜。
緑と淡いピンクのコントラストがきれいで・・見入ってしまいました。

桜は散り始め、ここ数日は、まるで初夏のような陽気。庭の木々の新芽がどんどん大きくなっています。

畑も、トマト、茄子、ピーマン、ししとうなど、夏野菜の種まきを始めました。
他に、紅花、カモミール、マロウ、エキナセアなども。
少しずつ発芽してきていて、楽しみです。

***

そして、こちらは最近作ったパネル。

シンプルなヨットのモチーフのパッチワークキルト。トラディショナルなパターンです。涼しげな配色にしてみました。18cm四方の木製のパネルにタッカーで取り付けております。

パッチワークは、同じパターンでも、配色によって見え方や雰囲気ががらりと変わるのが面白いです。

最近は、思いっきり体を使う畑作業と、部屋で静かにちくちく縫い物をする時間、その両方で、ちょうどよくバランスがとれる感じがしています。

 

 

 

庭の春

すっかりご無沙汰してしまいました。
もう4月ですが、少し遡って・・

2月、春いちばんの梅の花。
今年は庭の梅がとってもきれいに。昨年よりもたくさん花咲かせました。



梅の花が咲いたら、じゃがいもの植え付け、だそうで、今年はじめて挑戦。
2月いっぱい、種芋を日光浴させて、芽出し。
芽出しが終わったら、大きい種芋は半分に切って、切り口を乾燥させ、3月上旬に植え付けました。

秋に球根を植えていたクロッカス。3月に咲かせたとってもかわいい花。

万両、ユキノシタは、母の庭から分けてもらった苗。植えた場所がよかったのか、今、どんどん大きくなっています。

冬の間は、制作部屋が寒すぎるのでミシンはお休みして、こたつに入ってちくちく縫い物ばかりしておりました。
その中の一つのピンクッション。
中綿も、外側の布も、ウール(羊毛)のピンクッションを作りたいな、とずっと思っていたものを、ようやく作りました。(ウールだと、羊毛に含まれる油分によって針が錆びにくくなり、守られます。)
かばんに使った生地のはぎれを使ってシンプルに。

中にはこちらのメリノウールを入れてみました。

大きさも、厚みも、好みのサイズで使いやすく仕上がって満足♩
大切に使いたいと思います。

 

 

 

春兆す

新月。旧暦の元旦。

一昨年前に植えた日本水仙の花が、今年、初めて咲きました。

うっとりするような、よい香り。。。

年末に、地元の農家さんの育てている野菜や山野草、奈良県の特産品などを取り扱っているお店にいくと、ずっと庭に植えたいと思っていた、蝋梅と沈丁花の苗に出会いました。
蝋梅は、連れ帰った翌日(年の瀬)にさっそく植えました。蕾がふわっと緩みはじめて、もうすぐ咲きそうな気配。

沈丁花はもう少し暖かくなってから植えるのがよいそうで、まだ苗のまま庭におります。
時々日に当てて、水やり。この子も植えるのが楽しみです。

**

こちらは、この冬、収穫した人参。

西洋人参ではなく、黒田五寸人参という日本の固定種のものです。
左が標準サイズ。右のは小さすぎたの。でもあまりにかわいいので一緒にぱちり。
しっかりとした濃い味で、人参ならではの香りがとてもよい。葉の匂いはパセリのよう。
刻んで、玉ねぎと合わせてコンソメスープにしても、オリーブオイルで炒めてお塩を少しかけただけのシンプルな調理でも、とっても美味しい。。。
素材の持つ力の大きさと、調理するということの原点に触れさせてもらえた感じがします。
うまくいくかどうかわかりませんが、種とりにも挑戦してみたいと思っています。

もう春の気配があちらこちらに。
また季節が巡ってきます。

 

 

 

一年の終わりに

早いもので、今年も残りわずかとなりました。
今年も一年間、見てくださって、ほんとうにありがとうございました。

2021年はいろいろのことがあった年でした。
健康上の理由により、家族が小麦と牛乳を摂取できなくなり、小麦粉でのパン作りをやめて、米粉でのパン作りを始めました。
お米中心の食生活の中に、時々、フォーやビーフン、蕎麦粉100%のお蕎麦、米粉や蕎麦粉のパスタ、米粉のお好み焼き、米粉のパンなどを作るように。最初は大変に感じることもありましたが、慣れてくると、米粉は小麦粉よりも扱いやすく、胃腸にやさしく、身体にはこちらの方がいいのかもしれない・・と思うこのごろです。

本格的に畝立てして、野菜を育て始めたのも今年。
土に触れ、小さな生き物たちの営みを目にし、植物たちの一年のサイクルを感じながら過ごすようになり、生きるということの、生かされているということの、根源に立ち戻らせてもらっているように感じます。
遭遇することのほとんどがこれまで知らなかったことばかりで、調べたり、本を読んだり、教えてもらったり・・。この土地が、そしてここに生きるものたちが、心地よくあれるような庭、畑となるようにと願いつつ、時間をかけて育てていけたらと思っています。

そして、縫い物。ミシンと布のある作業部屋で、静かに針仕事をしたり、ミシンで生活に必要なものや、かばんを始めとする小物を作ったりすることは至福の時間で、こうしてやらせてもらえていることに感謝の気持ちでいっぱいになります。
今年はひょんなことから、ロックミシンがうちにやってくることになり、それなら、と服作りも始めました。
自分で作る服は、好きな生地、デザイン、サイズに作れるので、とても着心地よく、想像以上に楽しい・・。これからも続けていきたいなと思っています。

これまでかばん屋としてやってきましたが、10年経ち、かばんだけでなく、いろいろなものを作っていきたいと思うようになり、これからの展開を模索中です。
今年はなかなか更新できませんでしたが、見てくださって、そして応援してくださって、ほんとうにありがとうございました。いただくメッセージが、何よりも、制作の励みとなっています。

これからも、生活に必要なもの、大切に使いたいと思えるようなもの、そばにあると心がほっこりするもの・・を、丁寧に作っていけたらと思っています。
2022年も、どうぞよろしくお願いいたします。

みなさま、どうかよいお年をお迎えください。
ありがとうございました。