制作したもの」カテゴリーアーカイブ

アンティークレースの花柄バッグ(ivory)

アンティークのカットワークレースがアクセントになったショルダーバッグです。

表地に用いたのは、丈夫かつ身体に馴染むやわらかさのあるコットン。淡いクリーム色に白のお花が散りばめられた、清楚で上品な雰囲気の生地です。

かばんの口回りには、2種類のアンティークレースと、グログランリボンを縫い付けてアクセントに。サイドには、品のよい金色で縁取られたミルク色のお花のアンティークボタンとリボンを。

内布に用いたのは、植物染めのコットン。アセンヤクという茜科の植物のエキスで染められた生地で、植物染めならではのやわらかでやさしい自然な色合いが魅力的です。バッグを持った際に、ちらちらと見える表情がアクセントに。

内側には、17cm×13cmのポケットがひとつ。ポケットにも可愛らしいアンティークレースを縫い付けています。

たっぷり入る使いやすい大きさ。しっかりと厚みと幅のある丈夫な持ち手ですので、肩にかけやすくなっています。

くったりとして身体に馴染むやわらかなかばん。
アンティークレースならではの繊細でやさしい雰囲気お楽しみください♪

かばん右端の、shiroi mokuren のイニシャル(S.M)モチーフもアンティーク品です。

 

♦size (平置きで採寸)♦

縦(かばん上端まで)約38.5cm、横 約40cm
持ち手の長さ 約50cm、マチ 約8cm

*バッグ口部分はマグネットボタンで開閉。
*バッグ前側・後ろ側とも同デザインです。(イニシャルモチーフはバッグ前側のみ)

 

ありがとうございます。SOLD OUTとなりました。

 

 

 

花柄ラミネートのトートバッグ(brown)

ナチュラルな雰囲気の、綿麻ラミネートのトートバッグです。

表地に用いたのは、花柄の綿麻生地(コットンリネン)をラミネート加工した生地。摩擦や水濡れに強く、また適度な厚みのある質のよい生地です。

こっくりとした秋らしいマロン色の生地に、リネンのレース2種類と、ダークブラウンのはしごレースをあわせました。また、バッグサイドにはグログランリボンと、しっとりとした風合いの可愛らしい革のボタンをつけてアクセントに。

持ち手に用いたのは、ダークブラウンの本革(牛革)。1枚の革から切り出し、2枚あわせてしっかりと縫い合わせています。やわらかさのある革ですので、手にしっくりとやさしく馴染みます。

内布には、丈夫な綿麻生地を。横20cm×たて14cmの内ポケットがひとつ。ポケットにも、可愛らしい小さなリネンのレースを縫い付けています。

日常づかいにお使いいただきやすい、ナチュラルな雰囲気をお楽しみいただけるバッグです。

 

♦size (平置きで採寸)♦

縦(かばん上端まで)約27.5cm、横 約41.5cm
持ち手の長さ 約34.5cm、マチ 約10cm

*バッグ口部分はマグネットボタンで開閉。
*バッグ前側・後ろ側とも同デザインです。

 

ありがとうございます。SOLD OUTとなりました。

 

 

 

夏の終わり

夕暮れ時、家の北のほうにある水上池をお散歩。
西大寺に向かう車道から一本北に入るだけでとても静か。
別世界に迷いこんだかのような…感覚になります。

鳴く蝉の声も、ヒグラシからツクツクボウシに。
日が暮れると、草むらから松虫の声。
秋を感じる風。

平城宮跡のつばめは、お盆頃を境に少なくなってきたような感じがします。
この夏見た、つばめのねぐら入り。写真ではあまりうまくとれませんでしたが、実際に間近でみると、ものすごい迫力…でした。

夕暮れ時、どこからともなく、たくさんのつばめが集まってきて…

日の入りとともにねぐらに入ります。

つばめたちは順々に、南へと旅立つ季節。また来年…♪



さて、カーテンづくりはようやく終盤。

作る予定ではなかったのですが、洗面所やキッチンの小窓も、夏は日差しが強くて暑いので、カーテンがあったほうがいいように感じ、レースカーテンの残り生地で作ってみました。

クリップで挟むタイプのものだと上にすきまが空きすぎるので、2本ひもを縫い付けて、リボンでとめられるような仕様に。

現行品では、素朴な綿のテープで気に入るものが意外となく…家にあったアンティークの素材を使いました。

カーテン一枚でずいぶん居心地よく。日差しをしのげるだけでなく、カーテンがあるだけで空間にぬくもりが出るような感じがします。

カーテンは、残すところ、厚地カーテン2窓分…!となりました。

 

 

 

巣立ち/カーテンタッセル

文月。

その後、つばめたちは巣には戻ってこなくなりました。

一週間くらいまえのこと。

朝、寝室の窓の外でしきりにつばめの鳴き声がするので、窓を開けてみると、そこに3羽のつばめが。
目の前でぱたぱたと飛び回り、そのあと窓の桟の上に。
そこにとまってしばらくじっと。
お互いに目があい、挨拶しにきてくれたのかな…と思うような、出来事でした。

つばめの本はちょうど品切れのタイミングだったようで、まだ届かず…。
まちどおしい。読むのが楽しみです。



先月は出来上がったカーテンのタッセルを作ってみました。
カーテン生地と同じ布で作ってもよかったのだけれど、せっかくなので、家にあった、かばんに使うには少し大きすぎるなあと思っていた木製リングとブレードで。

長い間眠っていた木製リングを、タッセルに使うことができてうれしい…
カーテンづくりはまだ続きますが、そろそろかばんも作りたくなってきました。
いろいろ並行しながらすすめたいな。



for baby

先日、散歩の途中で、空を泳ぐ蛸を見かけました。

蛸の凧…!
お空のてっぺんで、まるで浮かんでいるように。

五味太郎さんの『かぶさんとんだ』を思い出しました。

(画像お借りしています)


さて、カーテンに引き続き…最近作ったものその2。
おなかをおすとかわいい音がなります。

からだの形が少しいびつに。

なんとなく、耳をレース生地にしてみましたが…
なんだかナイトキャップ?ナイト耳キャップ?をかぶってるみたいに。。。

いろいろ、改良の余地あり…です。