春の野に出て

今年も木蓮が咲きました。
見ていてどきどきするほど、やわらかで繊細な花びら。
ふんわりと包み込むような形。
みんな上を向いて咲くので、空に浮かんでいるみたいにも見える…。

今年は蕾の頃から花咲かせるまでの間、一本の同じ木に会いにいき、いろいろな顔を見せてもらいました…!

 

 

ここ数日の暖かさで桜もピンク色に。

 
 

***

そして…
バッグにも、春の野の色。

アンティークの刺繍テープは、このままでとても存在感があるので、これをそのまま生かしたバッグに仕上げます♪

 

 

 

森の緑

ヨーガのシンギングボウルを入れるポーチということで、このたびオーダーいただき、作らせていただきました。

いくつかの布とデザインの中から、お好みのものをお選びいただきました。
深い森のようなグリーンのコットン生地に、3種類のアンティークレース。
それに、琥珀色の小さなビーズをちくちくと縫い付けて仕上げました。

内布は、生成り×ブラウン系のナチュラルな風合いのストライプ生地。

紐にはリネン素材のものを用いています。
紐の先には彫り模様の入ったウッドビーズを…。

表地は、とてもしっかりとした、でも程よいしなやかさのあるコットン生地なので、シンギングボウルを入れるのにちょうどよい感じに仕上がりました。

ドイツから日本に一時滞在中のお客さまからのオーダーだったので、帰国までにお届けしました。
この子はお客さまとともにドイツに…。
どうかお役にたてますように。
ありがとうございました!

 

◆size (平置で採寸) ◆
h 約 27cm × w 約 21cm
(口を絞らない状態で計測)

 

 

 

春の音

先月末からちらほらと咲き始めていた梅の花。
ここ数日の暖かさで、たくさん花開かせました。

開いた花と、丸い蕾と、その枝振りと。
ほれぼれするような佇まい…です。

 

***

こちらは、先月、水通しした布の一枚。
草木染めのコットン生地です。
アセンヤクという茜科の植物のエキスで染められた生地で、草木染めならではの茜色が春らしい雰囲気。
染められた色に表情があって、やさしい色…。

こちらの布は、バッグの内布に使う予定です。
どうぞお楽しみに。

 

 
 

春待つ

知人に臘梅の小枝をいただきました。

適当な花瓶がなかったので、
小さな瓶に。

ほんのりと甘い香りがします。

 

日差しのあたたかな日が続いていたので、
ここ数日は、布の水通しをして、それを干して、アイロンがけ…の日々。
ひとつひとつ、形にしていくのが楽しみです。

 

 

 

節替り

先日の新作UPの際は、ご来店いただき、ありがとうございました!
お買い上げくださったお客さま、ありがとうございます。

これから春に向けて、制作していきたいと思っています。
またどうぞよろしくお願いします*

 

***

昨日は、毎年恒例の吉田神社の節分祭へ。
思わずして、境内で、赤鬼、青鬼、黄鬼と遭遇しました。

子どもを見つけては、「ウォー」を襲いかかるようにし、子どもは「えーん」と泣き…。
大人になった今でも、近づいてこられると少しどきどきします…!

屋台で甘酒をいただき、恵方巻きを買って帰りました♪