カテゴリー別アーカイブ: 日々のこと

ゆく夏に

まだまだ夏を思わせる日差しで日中は暑い日が続いていますが…
時折吹く風に、少しずつ秋の気配が混じるように。

 

これからやってくる季節に向けて、制作中です。
作りたいもののイメージは頭のなかにいろいろとあるのですが、実際にそれらをひとつづつ形にしていくのは、とても時間がかかります。
本当に作りたいと思うものを、少しだけ。

 

***
 

最近は、古くから日本にあるもの、昔からよく知っている感じのするもの、どこか懐かしい感じのするものに惹かれます。

先日ご紹介した、東欧アンティークリネンのバッグもそうなのですが、用いているのは東欧の素材なのに、どことなく “和”の雰囲気も感じられて…
見た目の華やかさこそありませんが、よい素材ならではの、じわじわとくる感じがあり…。
和装にも洋装にも持てる感じが気に入っています。

 

これまでのように、西洋の古いアンティークの素材やレースなどを用いたり、リメイクしたりした作品に加えて、”和” を感じられる作品も作っていけたらなあ…と思っています。

また、制作中のものも少しずつご紹介していきますね。
秋冬も、どうぞよろしくお願いいたします♪

 

 

 

夏たけなわ

梅雨があけて、日差しもいよいよ夏らしく…
これからが、夏本番。

暑いけれど、夏はたくさん動いて、いっぱい汗をかいて…という過ごし方が心地よく、またそのほうが、秋からもからだが楽に、そして健やかでいられる感じがします。

 
 

***
 

最近作ったもの。

革のはぎれで作った小さながま口。
丈夫な麻糸でステッチを入れて。

ちくちくちくちく…と、ぜんぶ手縫いで仕上げました。

 
 

そして…現在、制作中のもの。
古い時代のフィードサックなど、いろいろの布でパッチワーク。

こちらは、夏にぴったりの涼しげなバッグに。

 
 
 

日々の夢

先週は、十数年ぶりに叡電に乗りました。
懐かしい雰囲気いっぱいの車両。

一両編成でのんびりと。
同じ京都だけど、なんだか旅気分に。

深い緑に包まれて、心地よい一日でした。

 
 
***

制作日記。
久しぶりの、kinariシリーズ。

ちくちくちくちく…

日々の、いろいろの夢を乗せて。

 

 

 

windmill

風車のような刺繍模様の入ったコットン生地と、素朴な麻の雰囲気が素敵な生地を用いて、かばんを制作中です。

刺繍生地は、手刺繍のようなぬくもりのある、日本製の質のよい生地で、心地よい肌触りと品のよい雰囲気が魅力的な生地。
あまりの繊細な表情に、じっと見入ってしまいます…。

麻の生地は、まさに “日本の夏” を思わせるような、どこか懐かしい雰囲気の漂う一枚。

こちらは、フリルにしてあしらいます♪
どちらも透け感のある軽やかな生地なので、素材の風合いと質感を生かして制作できればと思っています。

 
 
 

***

 

先週は、京都のとある町家へ。

風の通りがよく、室内への光の入り方がやわらかく…。

 

町中にあるのに、坪庭を中心として建てられているということもあって、町の中だということを忘れるような静けさが。

風、光、緑、そして建物を構成する木…。

ぬくもりを感じる空間での、心地よいひととき。