カテゴリー別アーカイブ: 日々のこと

八月も末のころ

残暑の厳しい日が続いています。

お盆の精霊迎えの日、
ホテイアオイの花が咲きました。

たった一日だけ咲かせた花。
朝早い時間に、幸いにも目にすることができて、嬉しかった今年の夏。

お盆は、夫の実家の法事に行き、会うたびにどんどん大きくなる甥っ子、姪っ子たちと一緒に遊んだり、また別の日には、わたしの父母の住む堺に帰省して、近くに住む弟夫婦おすすめのお店にお昼ご飯を食べにいったり、母方の祖母に会いにいったり。

そしてお盆明けには、京都は南丹市に住む友人宅に遊びに行かせてもらったり…。

これまでに経験したことのないくらいの猛暑のなか、ささやかだけれども、家族、親戚と久しぶりに過ごす時間や、南丹市で田舎暮らしする友人のあたたかいもてなしが心に残る、夏でした。

夏の日差しに、秋の風。
いろいろのことを整えて、秋を迎えたいと思います。

 

 

 

夏の一夜

昨夜は、下鴨神社の末社・井上社の神事、みたらし祭へ。

お社まではだしで御手洗池の中を進み、ご祭神の瀬織津姫命(せおりつひめのみこと)にろうそくをお供えして、ご神水をいただきます。

闇にぼうわりと浮かぶ提灯の灯に、お供えされたたくさんのろうそくの火のゆらめき。
ひたした足に感じる凍るような冷たさと、陸に上がってから戻ってくるあたたかさ…。

罪穢れを祓い、心身ともに清らかになって、無病息災をお祈りしました。
また一年、健やかに過ごせますように。

 

2年前のみたらし祭ですくったメダカは、3代目になり、家の小さな水槽で元気に。
メスがいなくなってしまったので、10匹ほどすくって、連れて帰りました。

 

祗園祭の屋台で出会ったホテイアオイ。
この子の浮かぶ鉢が、メダカたちの住処になる予定です♪

 

 
 

海のいろ

大雨の京都。
連日、警報と避難勧告の通知が…。

鴨川も、琵琶湖疏水も水量が増し、歩道はなくなり、川にいつもいる鳥たちは一羽も見かけず。
鳥たちはどこにいるのだろう…

まだ雨が続くとのこと…大きな被害が出ないことを、祈るばかりです。
みなさまも、どうかお気をつけください。

 

 

***

夏のかばん、出来上がっております。
連日の雨でなかなか撮影できずにいますが、お日さまの出ている日に撮影して、準備できしだい、shop に並べる予定です。

今回は、ネイビーブルーの生地をいくつか合わせた、パッチワークのバッグも。

アンティークのリネンと合わせました。
リネンの風合い、質感がとても素敵なので、それを生かしたいと思い、シンプルなタックバッグに。

深い、深い、海のいろ。

楽しみにお待ちいただければ嬉しいです。
いつもありがとうございます。

 

 

 

雨のころ

今朝の地震、京都は震度5強で、阪神大震災のときを思い出すような、がたがたと下から突き上げてくる、強い揺れでした。
大阪にお住まいの方は、大丈夫でしたでしょうか…。
みなさま、ご無事でいらっしゃいますように。

先月はいろいろなことがあって、すっかりご無沙汰してしまいました。
この1ヶ月で、知り合いの方の訃報をお聞きすることが複数重なり、なかなか心の整理をすることができずにいました。
どなたも若くして急に亡くなられ、のこされたご家族のことを思うと、本当に胸の痛む思いでした。

お会いしてお話したときのことを思い出す毎日…。
お一人は、神奈川県に住む女性の方で、わたしたち夫婦が何度か家に泊めていただいて、とてもお世話になった方。
数回お会いしただけなのに、初めて会ったときから、ずっと昔から知っていたような感じのする、とても素敵なひとでした。

晩ご飯の後、ふたりで台所に立って洗い物をしながら、いろいろなことを楽しくお話したのを、ありありと、細かなことまで、その人の表情とともに、思い出すことができます。
彼女の子育てのこと、読んだ本のこと、染織家・志村ふくみさんのこと、彼女が昔やっていた仕事のこと、日々の暮らしのこと……。
わたしのかばんづくりも応援してくれて、二度目に遊びに行かせていただいたときには、ハンドメイドにかかわる新聞の切り抜きなどを見せてくれたりもして。

今でもあの家にいて、にっこり笑って、話しかけてくれそうな、気がします。
彼女にしてもらったすべてのことは、彼女の笑顔とともに、わたしのからだに刻み込まれている。
お会いしたのはわずかだったけれど、出会えて本当によかった、と思います。
わたしのなかに残してくれたものを大切に、これからも生きていきたい。

 

 

 

 

夏きざす

雨上がり、五月晴れの一日。

どこへ行くともなく、ぶらぶらとお散歩するのが心地よい季節に。

 

***

GWには、自転車で今宮神社を訪れ、創業長保2年以来、1000年以上にわたって営業されているという一文字屋和輔(一和)さんで、あぶり餅をいただいたり…

また別の日には、壬生狂言を観にいったり。

 

連休後半は、ずっと気になっていた雑貨屋さんを訪れ、その道すがら、オットー・ネーベル(Otto Nebel)展が開催されていることを知り、思わず観て帰ったり。

近場でうろうろ、楽しみました。

 
 

***

最近は、夏色のバッグを。
久しぶりの、帆布のかばんです。

デザインをいろいろ考えていると、あれもこれも作りたくなる…
夏のおでかけが楽しくなるようなかばんに仕上げられたらいいなあ…と思っています。